猫だって怖かっただろうに

猫だって怖かっただろうに

猫だって怖かっただろうに

このあいだ、屋上に洗濯物を干しに行った妻が、すぐに戻ってきて、情けない声で私を読んでいる。
何事かと思って出ていくと、階段に猫がいるというのだ。
うちはビルの一室に住んでいるので、屋上に洗濯物を干しに行くとき、いったん階段に出なければならない。
夜間はビルの入り口のシャッターを閉めるのだが、わりと遅くまでシャッターが開いていることがある。
それで、夜の明かりに誘われたのか、野良猫が入り込んだらしい。
私が階段を上っていくと、猫が階段の隅でうずくまっている。
いつも近所をうろついている白と黒のぶちのわりと大きめの猫だ。
私が近寄って行ってもすぐには逃げようとしない。一晩ビルの中に閉じ込められて、少し弱っているように見えた。
しかし、ここでエサでおびき出したりすると、あとあと面倒なことになるので、
ほらほら、ネコちゃん、出てきな、と話しかけながら、頭を軽くなでてあげると、何を思ったか急に走りだした。
そして、一目散に階段を転げるようにして逃げて行った。
猫にはちょっと気の毒なことをした。

それから、妻は怖がって、一人で屋上まで上がっていかなくなった。
最近は、まず私が階段を上って行って、何もいないのを確かめ、屋上のカギを開ける。
それから、妻が洗濯物を干しに行く、というようなことになっている。
野良とはいえ、猫だから人に危害を加えるわけではないのだが、動物が苦手な人にとっては理屈ではないらしい。

むしろ、猫のほうだって、人間が怖いはずだと思うのだが。